全身脱毛の痛みの強さと我慢できない場合の対処法とは

全身脱毛に挑戦したいけど、痛みが不安という方も多いようです。
痛みに関しては感じ方に個人差が大きいので一概には言えないのですが、施術方法や部位によっても痛みが違ってきます。
全身脱毛ではどのくらいの痛みがあるのか、また我慢できない場合にはどう対処すれば良いのかをご紹介しましょう。

 

・出力レベルの高いレーザー脱毛の方が痛い!

 

全身脱毛の痛みを左右するのは脱毛方法です。
エステサロンでは光脱毛が、美容クリニックではレーザー脱毛が行われています。
エステサロンの一部ではニードル脱毛を行っているところもあります。
この中で最も痛いのはニードル脱毛です。
ひと昔前はこのニードル脱毛が主流でしたが、あまりの痛みと高額な費用がかかることから最近では光脱毛とレーザー脱毛が主流になっています。
毛1本1本に針を挿して電気を流して毛根を破壊するのがニードル脱毛で、我慢できないほどの痛みが伴うことも多いです。
エステサロンの光脱毛よりも痛みが強いのがレーザー脱毛です。
光もレーザーもメラニン色素に反応する特殊な光を肌に照射して、毛根にダメージを与えてきます。
脱毛の仕組みは基本的に同じですが、出力レベルがレーザー脱毛の方が高いのでそれだけ脱毛効果が高くなり同時に痛みも強くなります。

 

・部位によっても痛みが違う!

 

全身脱毛の痛みは、部位によってもかなり違いがあります。
痛みの感じ方は個人差も大きいですが、部位によって痛みを感じやすいところとあまり感じない部位があります。
顔や背中、腕や足などの脱毛では、比較的痛みが軽いです。
しかし、ワキやVIOなどは皮膚が薄い部位でありながら、生えている毛は太く密集しているので痛みも強くなります。
最も痛みが強いのは、粘膜に近いVIOで、中でもIゾーンは特に痛みが強いと言われています。
脱毛の際の痛みはよく輪ゴムで強く弾かれたような痛みであると表現されます。

 

・痛みが我慢できない場合には・・

 

施術中に我慢できないほどの痛みがあるようなら、エステサロンの光脱毛なら出力を弱くしてもらうこともできます。
ある程度の痛みであれば、やはり出力は下げない方が脱毛効果も高いので我慢した方が良いかも知れませんが我慢できない痛みもあります。
出力を下げたからといって脱毛効果がなくなるわけではありません。
美容クリニックのレーザー脱毛なら、笑気ガスや麻酔クリームなどを使用してもらうことができます。

 

全身脱毛では特に、VIOやワキの脱毛で痛みがあります。
事前のカウンセリングで痛みに関する相談もしておき、安心して通えるようにしましょう。