全身脱毛を受けた後によくある肌荒れトラブルと対処法

ひと昔前よりもグンと身近なものになった全身脱毛ですが、肌に熱を与えて毛根にダメージを与えていく施術なので完全に安全であるとは言い切れません。
実際に全身脱毛を受けた後にさまざまな肌トラブルが起こっています。

 

・炎症を起こしたり火傷になることも!

 

脱毛を受けた後に何かしらの肌トラブルが起こったという相談が国民センターに寄せられています。
中でも多いのが、施術後に肌が赤く腫れたり火傷になるという症状です。
光脱毛やレーザー脱毛、電気脱毛などさまざまな脱毛方法がありますが、どれも肌に直接、光やレーザー、電気による熱が加わっています。
ですからどうしても施術後に肌が赤く腫れるというトラブルが起こることが多いです。
施術部分が赤く腫れたりヒリヒリしたり、痒みを伴うなどの炎症が起こります。
火傷も代表的なトラブルの一つです。
光脱毛やレーザー脱毛では、黒い色素に反応する特殊な光です。
温度を上げればそれだけ脱毛効果も上がりますが、それだけ火傷のリスクも上がります。
赤く腫れたり火傷になった場合、怖いのは跡が残ってしまうことです。
感染症のリスクも考えられるので早めの対処が必要です。

 

・毛のう炎が起こることも!

 

毛のう炎というトラブルが起こることも多いです。
毛が包まれている毛包にダメージが加わり、そこから細菌が侵入して炎症を起こしたものが毛のう炎です。
照射する熱によってバリア機能が低下するので、毛包が細菌感染しやすくなるのです。
脱毛を受けてから数日後に赤い点のようなものや白く膿んだようなぶつぶつが出来ます。
ニキビのような見た目で、膿を持っていると激しい痛みを伴うこともあります。
デリケートゾーンやワキなどの太い毛を脱毛した時に起こりやすいトラブルです。

 

・肌トラブルが起きたら・・

 

これらの肌トラブルが起こる原因は、サロンやクリニック側に問題がある場合と体質的にトラブルが起こりやすい場合があります。
敏感肌だったり体調がすぐれない時に全身脱毛を受けると肌トラブルのリスクも上がります。
また、施術後のアフターケアが不十分であることもトラブルの原因となります。
いずれにしてももしも施術後に何かしらの肌トラブルが起こったら、施術を受けたサロンやクリニックに相談しましょう。
患部を冷やしたりすることで症状が良くなることがほとんどですが、それでも良くならない場合や明らかにひどい火傷があれば病院で診てもらいましょう。

 

全身脱毛を受けた後には肌トラブルが起こることもあります。
施術後のアフターケアをしっかりと行うことや、万が一のトラブルの際のサロン側の対応についても調べて起きましょう。