全身脱毛を受けた後にやってはいけない事・避けたい事とは

全身脱毛を受けた後の肌は、思っている以上にデリケートな状態となっています。
ですから全身脱毛を受けた後には、やってはいけない事や避けたい事があります。
施術の効果を高めるためや肌にダメージを与えないために避けたい事をご紹介しましょう。

 

・身体を温めることは避けて!

 

誰でも気軽に全身脱毛が始められるようになっていますが、大切な肌へダメージを与える施術を受けていることを忘れてはいけません。
全身脱毛を受けた後にまず避けたいのが身体を温めることです。
どうして身体を温めることが悪いことなの?と思う人も多いかも知れません。
身体を温めると毛穴が開いた状態となるので、そこから雑菌が侵入しやすくなるからです。
特に全身脱毛後の肌は、光やレーザーの照射によって肌に熱を持った状態ですから、さらに身体を温めることは出来るだけ避けましょう。
具体的には入浴や飲酒、激しいスポーツなどです。
施術当日には、湯船に浸かるのは避けてシャワーだけで済ませるようにしましょう。
翌日からは大丈夫ですから、当日だけは身体を温めないようシャワーだけで済ませましょう。
飲酒も身体を温めるので当日は避けて下さい。
激しいスポーツも身体を温めるので、全身脱毛を受けた日はあまり予定を入れないで速やかに帰宅するようにしましょう。
入浴や飲酒、激しいスポーツを避けたいのは当日のみで、翌日からはオッケーです。

 

・肌へ負担のかかることも避けて!

 

どんなに肌への負担が少ないと言われる脱毛マシンでも、肌へのダメージはありますから施術後は肌への負担となることを極力避けるようにしましょう。
具体的には日焼けや海水浴などです。
日焼けは全身脱毛に通っている期間中にはずっとNGです。
紫外線に当たると炎症を起こす可能性もありますし、日焼けをした肌には施術が出来なくなります。
紫外線対策は万全にしましょう。
プールや海水浴などには雑菌がたくさんいますから、肌に雑菌が侵入して炎症を起こす可能性があります。
脱毛後1週間くらいは避けた方が良いでしょう。

 

・肌の乾燥を避けて!

 

肌の乾燥も避けましょう。
全身脱毛後の肌は熱を持っていて、特に乾燥しやすい状態となっています。
肌が乾燥した状態では脱毛効果も低くなり、炎症を起こす可能性も出てきます。
全身脱毛後にはいつも以上に入念な保湿ケアが大切です。
お風呂上りや洗顔後にはボディローションなどで丁寧に保湿ケアをしましょう。

 

全身脱毛後には、やってはいけない事がたくさんあります。
それだけ肌がデリケートな状態となっているということですから、ツルツル肌になるためにも気を付けて下さいね。